話す仕事は時給が高い

求人広告などを見ていると「キャンペーンスタッフ」の文字を頻繁に目にするのではないだろうか。
その名の通り、キャンペーンやイベントがある時に臨時で駆り出される短期や単発のアルバイトのことである。
内容はいろいろあり、チケットもぎりや客席設営、案内など多岐に渡るが中でも群を抜いて待遇が良いのがMCや司会の仕事だ。
イベント会場によっては進行役の司会者を臨時で募集することもある。
イベントのPR衣装を着用し、マイクを持って人前で話すという業務だ。
同じ会社から派遣されていてもこのMC役は何かと高待遇である。
まず、休憩が多いということ。
声を出し続ける仕事なので、大抵数十分~1時間に1回は休憩がある場合が多い。
他のスタッフの休憩時間が1時間だとするとMCのスタッフはその倍くらい貰えることも少なくない。
遊園地やショッピングモールなどで見かけるキャラクターショーのMCはそれが顕著である。
キャラクターショーの注意事項や盛り上げなど数分程度マイクで話せば業務終了となる。
拘束時間のほとんどが休憩や待機で終わる日は非常にラッキーだ。
支払われる給料は拘束時間に準ずる物が多いので実働時間を考えるとかなりお得だが、大抵のイベントではMC手当という形で給料が上乗せされるので非常に高額アルバイトと言える。
もちろんどの仕事もただ話せばいいというものではない。
よく通る声で分かりやすく丁寧に笑顔で話すスキルを求められる。
しかしこれらは特に資格や経験を有するものではないので、人前で話す事に抵抗がないという人にとってはまさに天職であると言える。
良い人生経験にもなるので、興味のある方は是非一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。
注意点として、それらのイベントやキャンペーンは毎日あるわけではなく単発が多い。
そのため、前もって自分で仕事を探しておく必要があるだろう。

Leave a Reply